ステークホルダーとのコミュニケーション
社外に向けての取り組み

2016年度

「まちてん2016 地方創生まちづくりフォーラム」への参画について

2016年12月9日(金)、10日(土)に渋谷ヒカリエにて開催された「まちてん2016 地方創生まちづくりフォーラム」に当社は参画しました。「まちてん」は、企業・自治体・関係団体等の関係者が多く集まり、オープンイノベーションによって地方創生の実現を目指すまちづくりの共創プラットフォームです。また、渋谷ヒカリエという発信性の高い場所で実施され、今年で2回目を迎え、実行委員長を当社常務執行役員 笹谷が務めました。
オープニングのトークセッションではゲストに尾﨑正直氏(高知県知事)を迎え、高知県の地方創生の取り組みについて議論を行いました。伊藤園セッションでは中嶋美年子氏(三菱地所株式会社)が司会を務め、牧野百男氏(鯖江市長)、福田譲氏(SAPジャパン株式会社 代表取締役社長)、マリ・クリスティーヌ氏、田中里沙氏(事業構想大学院大学 学長)をお招きし、地方創生に向けた協働についてディスカッションを行いました。
当社は持続可能な開発目標(SDGs)を参照することで、「伊藤園まち・ひと・しごと創生推進基本方針」に即したCSR/CSV活動を展開し、社会課題に取り組んでいきます。

内容

1.まちてん実行委員長 笹谷常務執行役員のオープニングスピーチ(12/9(金)10:00~10:25)
・笹谷より、まちてん実行委員長の立場から、「日本のまちに、光を当てよう!―新たなコミュニティづくり―」というタイトルで、オープニングスピーチを実施しました。

2.高知県知事×笹谷常務執行役員 トークセッション(12/9(金)10:25~10:55)
・尾﨑正直 高知県知事をゲストにお招きして、知事の視点から最前線を語っていただきました。
・テーマ「高知県の発信力に学ぶ-地方創生の実現を目指して-」

3.伊藤園セッション(12/9(金)11:00~12:00)
・テーマ:「お茶と和文化を新たな協働で世界へ発信」
・出席者:牧野 百男氏(鯖江市長)、福田 譲氏(SAPジャパン株式会社 代表取締役社長)、
 マリ・クリスティーヌ氏、田中 里沙氏(事業構想大学院大学 学長)、
 笹谷秀光(当社常務執行役員)
・司会:中嶋 美年子氏(三菱地所株式会社)

4.パネル展示
・伊藤園の主なCSR/CSV活動を発信
地域の抱える社会課題に対し、持続可能な開発目標(SDGs)を参照し、本業を通じて解決する取り組みとして「日本茶文化セミナー」の開催や「お茶で日本を美しく。」プロジェクト、また茶殻を身の回りの製品に有効活用する茶殻リサイクルシステムについて発信を行いました。

5.お茶の振るまいの実施(販売促進部)
・日本のおもてなしの心を世界へ伝える「文化プログラム」
「日本茶文化セミナー」は多言語・インバウンドにも対応できる文化プログラムとして展開し、お茶をいれ、味わう体験を提供します。
健康でおいしいお茶を通じて、日本の生活文化やおもてなしの心を伝え、レガシーとして次世代に継承することを目的とします。
今回は温かいお茶、冷たいお茶の両方を振舞い、味わいを体験していただきました。

開催日:
2016年12月9日(金),10日(土)
場所:
渋谷ヒカリエ9Fヒカリエホール
主催:
まちてん2016実行委員会
後援:
内閣府・復興庁・総務省・農林水産省・経済産業省・国土交通省・環境省・鳥取県・高知県・富山市・鯖江市