お客様相談室

最近よくいただくご質問

Q.

粉茶・粉末茶・抹茶・インスタントティーは、どう違うのですか。

A.

粉茶:玉露や煎茶をつくる工程で出る粉の部分だけを選別したもの。急須や茶こしを
使って飲むことができます。


粉末茶:茶葉を丸ごと粉砕したもの。お湯を注ぎ攪拌した後、飲むことができますが、
茶葉がお湯や水に完全に溶けきることはありません。


抹茶:抹茶の原料となる「てん茶」を丸ごと粉砕したもの。

※てん茶 = 茶葉を揉まずに乾燥させた後、葉脈などを取り除いたもの。


インスタントティー:一度、抽出した液体を熱風で乾燥させたもの。お湯や水に
溶かして飲むことができます。

粉茶・粉末茶・抹茶・インスタントティーは、どう違うのですか。
Q.

紙パック1Lのキャップを開けたら中栓がなかった。もともと開いていたのでは?

A.

未開封時はキャップの下に中栓の役割のシールがあります。開封と同時にそのシールが一緒に
切り離されるため、開封時はシールが見えない状態になります。シールは完全に切り離されることなく、
切り口部分に残るため、中に落ちることはありません。

Q.

段ボールに「コールド専用品」と書いてあるが、冷やさないと飲めないのか。

A.

「コールド専用品」とは、『ペットボトルのまま温めないでください』ということです。
常温でも冷やしてもお飲みいただけます。温める場合は中身を耐熱性のマグカップ等に移していただき、
電子レンジで温めることができます。

Q.

ペットボトルキャップの開栓、未開栓の見分け方を教えてください。

A.

未開栓時には、キャップ本体とキャップにつながるリングの部分がブリッジでつながっています。キャップを回すことで本体とリングが切り離され、開栓できます。そのため一度開栓された容器は、キャップを閉めたままで、切り離されたリング部分が簡単に回るようになっています。


Q.

保管していたお茶の色が濃くなっているが、飲んでも大丈夫ですか?

A.

保管状況、製造からの時間の経過とともに濃くなる場合がありますが、品質には問題ございません。

Q.

この商品はどこの工場で製造したものですか?

A.

製造所の固有記号は、各商品に下記の通り記載しています。
・ペットボトル商品は、キャップとラベルの間のボトル本体の肩部分、缶商品は缶底上段、紙パック商品は容器上部の賞味期限の下、茶葉商品(ティーバッグ、粉末含む)は賞味期限の隣もしくは下 (アルファベットと数字もしくはアルファベット同士の組み合わせで表記をしております)
詳細は下記をご参照下さい。

「製造所固有記号のリスト」

Q.

この商品の賞味期限はどのくらいですか?

A.

商品情報ページに賞味期限を掲載していますので、ご参照ください。

Q.

「カテキン緑茶」の効果的な飲み方は?

A.

お食事と一緒にお飲みいただくのが最も効果的です。
350mlPETボトルの場合は、食事の際に1本(350ml)、1日2本(700ml)を目安にお飲みください。
1.05LPETボトルの場合は、食事の際に350ml(1目盛り分)、1日700mlを目安にお飲みください。