ディスクロージャーポリシー

情報開示の基本姿勢

当社では、情報の開示に関しまして、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行っております。また当社を理解していただくうえで、公平性、迅速性の観点から積極的に情報開示に努めてまいります。

情報の開示方法

東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報の開示は、同規則に従い、同取引所の提示するTDnetに登録します。登録後には、報道機関に同一の情報を提供するとともに、速やかに当社ホームページに同一の資料を掲載することに努めてまいります。

業績予想と該当資料の扱い

当社の開示資料の中で、現在の計画、見通し、戦略などにつきましては、現時点で入手可能な情報から得られた当社の経営者の判断に基づいております。従いまして、実際の業績は、さまざまな重要な要素によりこれらの業績見通しとは大きく異なる結果となりうることがあるため、全面的に依拠することはお控えください。また開示資料は、あくまで当社をより深く理解していただくためのものであり、必ずしも投資をお勧めするためのものではありません。

沈黙期間

決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために、中間期および通期決算につきまして、決算締め日の2週間前から決算発表日まで、また、四半期決算につきましては決算発表日の2週間前から決算発表日までを沈黙期間とし、この期間は業績に関するコメントやお問い合わせに関する一切のコメントを差し控えさせていただくほか、個別ミーティング、会社説明会の開催を控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、沈黙期間であっても、発生した事象が適時開示に該当する場合には適時開示規則に従い公表いたします。