ニュースリリース

このページを印刷する

2017年2月10日

伊藤園自動販売機(※1)、およびタリーズコーヒー店舗の一部

新たに『Pokémon GO』の「ポケストップ」「ジム」に!

2017年2月10日(金)よりゲーム内に登場

 

株式会社伊藤園(代表取締役社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)、Niantic, Inc.(CEO:ジョン・ハンケ 本社:米国カリフォルニア州)、株式会社ポケモン(代表取締役社長:石原恒和 本社:東京都港区)は、この度、iOS/Android のモバイル端末向けの位置情報ゲームアプリ『Pokémon GO(ポケモン ゴー)』におけるパートナーシップ契約を締結しました。これにより、2月10日(金)から一部の当社自動販売機とタリーズコーヒー店舗の合計2,000ヵ所以上が新たに『Pokémon GO』の「ポケストップ」や「ジム」としてゲーム内に登場します。



『Pokémon GO』オフィシャルパートナーロゴ

『Pokémon GO』には、ポケモンを捕まえるのに必要な道具などが入手できる「ポケストップ」や、他のプレイヤーのポケモンと戦う「ジム」が、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されています。この度のパートナーシップ契約締結により、全国の当社災害対応自動販売機(※2)および社会貢献につながる自動販売機約1,800台と、タリーズコーヒーの約200店舗が「ポケストップ」または「ジム」となります。今後、対象となる当社自動販売機やタリーズコーヒー店舗をさらに増やすとともに、伊藤園とタリーズコーヒーならではのコラボレーションキャンペーンや魅力あるサービスの提供を検討し、地域社会に根付いた新たなビジネスモデルに取り組んでまいります。

「ポケストップ」「ジム」表示イメージ

※実際のゲーム画面とは異なる場合があります。

『Pokémon GO』では、遊んでいただく際に守っていただきたいルールを「Pokémon GOトレーナーガイドライン」や「Pokémon GOサービス利用規約」に明記しています。当社・タリーズコーヒー・Niantic, Inc.および株式会社ポケモンでは、プレイヤーが法令、ルール、マナーを守り、安全に楽しく遊んでいただけるように、注意喚起に努めてまいります。

(※1)一部、約1,800台
(※2)風水害・地震などによる大規模災害が発生し、停電となった際に、支援物資として飲料の提供が可能な自動販売機。

©2017 Niantic, Inc. ©2017 Pokémon.
©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

前のページに戻る