ニュースリリース

このページを印刷する

2017年11月2日

「充実野菜」で世界中のこどもに笑顔と栄養を。

「レッドカップキャンペーン」を通じて

国連WFPの「学校給食プログラム」を支援します

実施期間:11月6日(月)~12月29日(金)

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介  本社:東京都渋谷区)は、1992年に発売し、今年の9月に25周年を迎えたロングセラー製品、野菜・果実ミックス飲料ブランド「充実野菜」を通して国連WFPの「レッドカップキャンペーン」に11月6日(月)より参加し、「学校給食プログラム」を支援いたします。

国連の食糧支援機関であるWFPは、こどもの飢餓や貧困をなくすと同時に教育の機会を広げることを目的として「学校給食プログラム」を実施しています。当社は、この「学校給食プログラム」を個人および企業が支援する「レッドカップキャンペーン」に参加し、対象製品の販売金額の一部を国連WFPに寄付することで、世界のこどもたちへ学校給食を届けることを応援します。

1食分の野菜120g(※)を使用した「充実野菜」ブランドはおいしさ・栄養・安心品質でこどもの健康を応援しています。今回、「レッドカップキャンペーン」に参加するとともに、対象製品のパッケージにキャンペーンマークをデザインし、店頭で「レッドカップキャンペーン」の告知を行うことで、一人でも多くのこどもたちに学校給食を届ける活動を支援し、「充実野菜」ブランドのさらなる価値向上を図ってまいります。
(※)厚生労働省「健康日本21」推奨:1日当たりの野菜摂取目安量「350g」より計算

≪実施概要≫
対象製品:充実野菜 930gペットボトル3製品「充実野菜 緑黄色野菜ミックス(すりおろしにんじん)」、「充実野菜 緑の野菜ミックス」「充実野菜 シリアルミックス(野菜とシリアル)」
実施内容:対象製品の売上の一部がWFPに寄付され、「学校給食プログラム」に役立てられます。
対象期間:11月6日(月)~ 12月29日(金)
※店舗によって開始時期が異なる場合があります。

左から「充実野菜 緑黄色野菜ミックス(すりおろしにんじん)」、「同 緑の野菜ミックス」、「同 シリアルミックス(野菜とシリアル)」、いずれも930gペットボトル

前のページに戻る