ニュースリリース

このページを印刷する

2018年7月5日

暑さが厳しくなるこれからの季節におすすめの熱中症対策飲料

「日本の果実 瀬戸内レモン」

7月9日(月)より販売開始

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、日本の果実のおいしさをお届けする「日本の果実」シリーズから「日本の果実 瀬戸内レモン」を、7月9日(月)より発売いたします。

「日本の果実 瀬戸内レモン」500gペットボトル

高解像度画像

「日本の果実 瀬戸内レモン」は、瀬戸内の温暖な気候で育った国産レモン(広島・愛媛県産)を使用し、香料を使用せず、瀬戸内レモン本来の爽やかな酸味と香りをお楽しみいただける清涼飲料水です。

盛夏期に向け、渇いた身体に好適なナトリウム(41.5mg/ 100ml当たり)とクエン酸(3,000mg)を含んでおり、熱中症対策飲料として、スポーツなど様々なシーンでお楽しみいただけます。

当社は、国産果実を使用した「日本の果実 瀬戸内レモン」の販売を通じて、お客様の健やかな暮らしを応援するとともに、これからの暑い季節に向けて、果汁飲料の活性化を図ってまいります。

(※)熱中症対策には100mlあたり40~80mgのナトリウムを含む飲料が推奨されています

≪製品概要≫

製品名

日本の果実 瀬戸内レモン

品名

清涼飲料水

荷姿

500gペットボトル×24本

希望小売価格(税別)

140円

JANコード

4901085600467

発売日

7月9日(月)

賞味期間(未開封)

9ヵ月

販売地域

全国

前のページに戻る