商品情報

安全・安心への取り組み(品質管理体制)

安全・安心への取り組み(品質管理体制)
食品を扱う伊藤園では、品質管理を企業の存続に関わる重要な事項のひとつとして位置づけています。製品の設計、原料、包装材から製造、流通にいたるまで、厳しい品質管理体制を確立し、製品の安全性確保に努めています。

品質管理体制

当社では、原料と製品の段階で、香味や機器分析、微生物、残留農薬などの検査を製造工場と当社の品質管理部の双方で行っています。製品は、当社の品質管理基準を満たした工場で製造しています。日頃より製造工場と情報を共有するとともに、工場担当者との品質管理会議を定期的に行うことで、さらなる安全・安心な製品づくりを目指しています。

  • トレーサビリティの確保

    トレーサビリティの確保
    万が一製品に問題が生じたときでも、食品の生産履歴をたどり原因の解明につながるなど、事故の再発防止が可能となるトレーサビリティを確保しています。
  • 放射性物質検査の実施

    放射性物質検査の実施
    2012年4月より適用される食品中の放射性物質の基準に対応すべく、新たな検査機器の導入や品質管理体制の再構築を行い、お客様への安全・安心をこれまでと同じようにお届けするために、製品の安全性確保に取り組んでいます。
  • ウーロン茶ティーバッグ製品の検査

    ウーロン茶ティーバッグ製品の検査
    お客様がいつも安心してウーロン茶を飲んでいただけるよう、農薬管理が確認できる茶葉のみを原料として使用するとともに、残留農薬検査を強化しています。

商品情報トップに戻る