レシピ

春色押し寿司 このページを印刷する

たけのこが煮上がってから茶葉を加えることで、切り口からお茶のグリーンがのぞきます。

コメント

いかにも春らしい押し寿司は、お花見弁当にもぴったり。たけのこに茶葉をプラスして、ほんのりお茶の香りを効かせます。春の週末にぜひ作っていただきたい一品です。

料理時間

60分

栄養価(1人あたり)

エネルギー382kcal
塩分

2.3g

たんぱく質11.6g
脂質3.8g
炭水化物73.4g

材料(4人分)

  • すし飯
  • a ご飯
    1. 米 2合
    2. 水 360cc
    3. 酒 大さじ2
    4. 昆布 5cm角
  • b すし酢
    1. 酢 大さじ3
    2. 塩 小さじ2/3~1
    3. 砂糖 大さじ2
  • そぼろ(市販のもの) 30g
  • 干し椎茸 4枚
  • かんぴょう 10g
  • c 
    1. だし 1.5カップ
    2. うすくちしょうゆ 大さじ1
    3. みりん 大さじ1

    4. 塩 少々

  • 茹でたけのこ 50g
  • 茶葉 小さじ2
  • 錦糸卵
    1. 卵 2個
    2. 塩 少々
    3. 砂糖 小さじ2
  • 木の芽
  • あれば桜の塩漬け

使用している商品

商品情報はこちら

作り方

  • 米は洗ってザルにあげます。
  • 炊飯器にaを加えて炊きます。
  • ご飯が炊けたら熱いうちに、昆布を取り除きよく混ぜ合わせたbのすし酢を加えます。うちわで扇いで冷ましながら、ご飯つぶをつぶさないよう、さっくりと混ぜあわせるのがポイント。
  • もどした干し椎茸、塩でもんでもどしたかんぴょうはcで煮含め、椎茸はせん切り、かんぴょうは細かく切ります。
  • 4の煮汁に水カップ1/2を足し、ゆでたけのこを煮含めます。煮上がったら茶葉を加えます。
  • 錦糸卵を作ります。
  • すし型を酢水でぬらし、すし飯の半量を広げ、しいたけ、かんぴょうを散らします。その上に残りのすし飯を広げ、ほかの具を全体に彩りよく散らします。
  • すし型の蓋で強く押さえ、1時間ほど置きます。そのあと、食べやすく切り分けます。

クッキングメモ

押すときは、体重をかけてしっかり押します。ご飯や具は均等に広げるのもコツ。

前のページに戻る レシピのトップに戻る

【栄養価について】
材料のなかの商品については、一般的な材料に置き換えて栄養価を算出しています。