新着情報

このページを印刷する

2018年2月8日

伊藤園 × Tabio

緑茶成分であるカテキンの消臭効果を利用した靴下

タビオレッグラボシリーズ「気持ちいいシルクの靴下」を共同開発

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、タビオ株式会社(社長:越智勝寛 本社:大阪府大阪市)と共同で、お茶(緑茶)の渋みの主成分であるカテキンを用いて染色した消臭効果を持つ靴下「気持ちいいシルクの靴下」(全20種類)を開発し、2018年2月15日(木)よりタビオ株式会社が運営する全国の「靴下屋」「タビオ」「ショセット」「Tabio公式オンラインストア」にて発売致します(一部店舗を除く)

「栄養強化型 1日分の野菜」200ml紙パック

※画像はイメージです

タビオレッグラボシリーズ「気持ちいいシルクの靴下」は、天然繊維のシルク(絹)を使用しており、ムレを防いで足元をさらさらな状態に保ちます。今回、この「レッグラボシリーズ」の裏糸部分に当社の独自技術で開発したカテキン染色ナイロン糸を使用し、消臭機能を付加した靴下の開発に成功しました(別紙試験データ参照)

 

当社は、製品開発コンセプトである自然・健康・安全に沿って「お茶をお客様の身近な製品へ活用する」をテーマにカテキン染め繊維製品を開発しています。当社が販売する緑茶(日本茶)製品を、身近な製品に使用するという考え方とタビオ株式会社のMade in Japanで世界最高の水準を目指した製品を開発するという考え方が合致し、緑茶成分であるカテキンの消臭効果を利用した靴下の開発に至りました。

※製品ラインアップイメージ

当社は今後とも、タビオレッグラボシリーズ「気持ちいいシルクの靴下」をはじめとした自然・健康・安全に沿った「お茶をお客様の身近な製品へ活用する」をテーマに、身近な茶配合製品の研究開発に積極的に取り組むことで、お茶とともに楽しい生活を提案してまいります。

タビオ株式会社
1968年に靴下専門卸問屋として創業。社名のタビオは、Tabioをはいて地球を旅(タビ)しよう、足袋(タビ)の進化形である靴下をさらに進化させよう、という意味が込められています。その中で、世界中のより多くの方々に愛用していただける靴下を提供できるように、Made in Japanの誇りを胸に、技術、品質、サービスのあらゆる面において世界最高の水準を追求し、商品開発を行なっています。
【Tabio公式オンラインストア】http://www.tabio.com/jp/

<消臭試験結果>
試験方法:
カテキン加工ナイロン糸を裏糸に用いて靴下を編み立て、アンモニア、酢酸で消臭試験を行いました。サンプリング容器に靴下生地を入れ、各測定対象ガス(又は、対象溶液)を注入し、一定時間後のガス濃度の測定や減少率を算出しました。

 カテキン加工ナイロン糸を使用した靴下

※尚、汗臭成分のイソ吉草酸でも消臭試験を行ったところ高い減少率が得られました(下表)。

  •  

≪製品概要≫

製品名

気持ちいいシルクの靴下

絹紡糸五本指(カテキン加工)・絹紬糸五本指(カテキン加工)シリーズ全20品番 カラー 6~8色

販売価格(税込)

648円~1728円

発売日

2018年2月15日(木)

発売箇所

「靴下屋」「タビオ」「ショセット」「Tabio公式オンラインストア」

※一部取扱いのない店舗もございますのでご了承ください。



前のページに戻る