新着情報

このページを印刷する

2019年11月7日

“これぞ、日本の香り!” 独自技術で炒りたての香ばしさを実現

「 お~いお茶 炒りたて玄米茶 」

11月11日(月)新発売

 

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、当社独自の技術を用いた香り豊かな玄米茶飲料「お~いお茶 炒りたて玄米茶」を、1111日(月)に新発売します。

近年、ほうじ茶やジャスミン茶人気の理由のひとつに心地良い香りが挙げられるなど、「香り」は消費者が商品選択する際の大切な要素であると考えられます。

そこで当社は、甘く香ばしい特長的な香りへの支持が高く、日本人に古くから馴染みのある「お米」と緑茶をブレンドした“和のフレーバーティー”とも言える玄米茶の香りに着目し、玄米茶ならではの香りを従来以上に高めた新製品「お~いお茶 炒りたて玄米茶」を新発売します。

「お~いお茶 炒りたて玄米茶」は、玄米を炒った時の香りを強く高めること、さらにその香りを逃さないことに、徹底的にこだわった玄米茶飲料製品です。


<「お~いお茶 炒りたて玄米茶」 香りを高めるためのこだわり>

高解像度画像

1.「純米うまみ磨き」
雑味の原因となる籾殻(もみがら)(ぬか)をしっかり取り除きつつ、炒った時の香ばしさの肝となる玄米の「うまみ層」を最大限残しています。

2.「三段階焙煎」
三回に分けて芯までふっくら焙煎することで、磨いた玄米から香りをより一層引き出します。

3.「鮮度密封保管」
焙煎直後の玄米を独自の技術で密封することで、玄米の香りを守ります。

4.「炒りたて玄米抽出」
お米を抽出直前に再加温することによって、香ばしい香りを一層高め、その香りをお茶に閉じ込めます。

当社ではこれからも、伊藤園だからこそ実現できる原料や製法にこだわった製品の販売を通じて、世界中の多くのお客様に日本のお茶のおいしさや魅力を伝えることで、日本茶市場の拡大・活性に取り組んでまいります。

<製品特長>
原料の玄米、緑茶、抹茶のいずれも国産を100%使用し、炒りたてのお米を焙煎した時の甘く香ばしい香りにこだわり抜いた無香料・無調味の玄米茶飲料です。
“これぞ、日本の香り!” と感じていただける心地良い香ばしさと渋味の少ないやさしい味わいに仕上げています。

<製品概要>
製品名:「お~いお茶 炒りたて玄米茶」

容量・容器希望小売価格(税別)販売エリア
525mlペットボトル
140円
全国
600mlペットボトル 全国のコンビニエンスストア限定
2Lペットボトル 350円 全国

前のページに戻る