ニュースリリース

このページを印刷する

平成24年

2012年9月27日

「伊藤園グループ CSR報告書2012(S-book)」発行のお知らせ

~ 伊藤園グループのCSR(企業の社会的責任)に対する基本的な考え方や重点課題、
取り組み内容を分かりやすくまとめました ~

株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「伊藤園グループ CSR報告書2012(S-book)」を9月下旬に発行いたします。あわせて、同報告書を当社ホームページにも全ページ掲載いたします。

「伊藤園グループ CSR報告書2012(S-book)」

「伊藤園グループ CSR報告書2012(S-book)」

当グループは、2010年11月に発行された社会的責任の国際規格ISO26000を基に、2011年にCSR推進基本方針を策定いたしました。その後、2012年3月に制定された国内規格JIS Z 26000やお客様をはじめステークホルダーからのご意見を反映し、2012年4月に、このCSR推進基本方針を改定しております。

現在、上記規格を活用して経営理念「お客様第一主義」のもとでCSRを推進し、「世界のティーカンパニー」を目指しています。2011年度は、東日本大震災への対応を含め、次の3つのテーマに重点的に取り組みました。その内容を特集ページに掲載しています。

(1)消費者課題への対応 安全・安心な製品をお届けするために
(2)環境課題への貢献 「茶畑から茶殻まで」一貫した環境配慮の取り組み
(3)コミュニティとのかかわり 地域とともに歩む ~「お茶で絆を」~

さらに、ISO26000とJIS Z 26000に提示されている社会的責任に関係する7つの中核主題(「組織統治」「人権」「労働慣行」「環境」「公正な事業慣行」「消費者課題」「コミュニティへの参画およびコミュニティの発展」)ごとに基本的な考え方と課題・目標を整理し、1年間のそれぞれの活動を報告しています。

発行:2012年9月
体裁:A4版 全48ページ
(表紙に「お~いお茶」の茶殻をリサイクルした茶配合紙を使用しています)

前のページに戻る