明日のお茶づくりのために。

農業に深く関わる
企業として

現在、日本では緑茶飲料の市場拡大などで茶葉の需要は増えていますが、茶の生産現場では、就農者の高齢化や後継者不足により茶農家が減り続けているなどの問題を抱えています。
伊藤園は、お茶のリーディングカンパニーとして、1976年より取り組んでいる茶産地育成事業を通じて、持続可能な農業の推進に貢献していきます。

茶産地育成事業とは

緑茶原料以外の
契約栽培

茶葉だけでなく、さまざまな農作物に取り組んでいます。

詳しくはこちら