コミュニティへの参画及び
コミュニティの発展

基本的な考え方

伊藤園グループは、地域の活性化のために、地域貢献、コミュニティへの参画とコミュニティの発展に寄与していきます。 伊藤園グループは、生産から販売の各段階において、地域の農・食・食文化、地域の環境・里地里山、 日本の文化・伝統に関係する活動や震災復興支援を重点項目として、本業を通じた活動を推進しています。
また、「世界のティーカンパニー」を目指し、北米や豪州のグループ企業とも連携しています。

伊藤園まち・ひと・しごと創生に関する取り組み

「伊藤園まち・ひと・しごと創生推進基本方針」に則し、事業面での価値創造と社会面での価値創造とにつなげる取り組みを体系的に進め、CSR・CSV経営を推進しています。

茶産地育成事業(契約栽培・新産地)

お茶のおいしさを生むのは茶葉の品質です。伊藤園は、社員自らが茶産地や茶市場へ出向き、茶葉の品質を見極めたうえで行う「直接仕入れ」のほか、茶葉原料の一部については、茶畑からおいしさを育て上げる茶産地育成事業(①社員が茶産地の方々とともに茶葉の品質向上に取り組む契約栽培茶園、②耕作放棄地などを活用し畑づくりから茶葉を育成する新産地事業)に取り組んでいます。

新産地事業 大分県杵築地区 「お~いお茶」原料茶葉専用茶畑

新産地事業 大分県杵築地区 「お~いお茶」原料茶葉専用茶畑

静岡相良工場と地域とのかかわり

日本有数のお茶処・静岡県牧之原市にある伊藤園静岡相良工場(1974年設立)では、牧之原市とともに行う食育推進(市の食育推進委員会への社員参加)、工場見学会、小学校での茶の手揉み講習、地域清掃など地域に根ざした取り組みを行っています。

営業・販売拠点と地域とのかかわり

地域密着型セールスにより、各地域のステークホルダーの皆様とともに学ぶことを基本に、幅広い活動を実施しています。

消費者との協働

消費者の皆様、地域の皆様とともに学び、幅広い活動を実施しています。

日本食文化(和食)の応援

伊藤園は伝統文化であるお茶文化の啓発活動と合わせて、和食文化普及活動を応援しています。

神奈川県いいにゃクリエイターかにゃお

お茶文化の発信

お茶の歴史・知識・いれ方・おいしさなど、お茶文化の啓発活動や社外に向けた情報発信などを積極的に行っています。

神奈川県いいにゃクリエイターかにゃお

伊藤園レディスゴルフトーナメント

伊藤園は、女子ゴルフトーナメントを開催しており、開催地千葉県を中心に募った「伊藤園グリーンクラブ」というボランティア団体とともに運営し、入場料収入等は全額、開催地域の社会福祉事業等に寄付しています。


ESDによるコミュニティへの貢献

コミュニティにおけるさまざまな活動では、社員と地域の方々の協働による「学び」と「人づくり」「地域づくり」への貢献を目指し、ESDの手法を活用しています。

神奈川県いいにゃクリエイターかにゃお

東日本大震災復興支援に関する当社の活動

東日本大震災以降、被災地は多くの課題を克服しながら、復興に向け取り組んでいます。当社では「お茶で絆を」をコンセプトに継続的な復興支援を行っています。ここでは、伊藤園らしさを活かした絆づくりについての取り組みをご紹介します。