組織統治

基本的な考え方

伊藤園グループは、経営理念「お客様第一主義」に基づいて健全な経営体制を構築し、経営の透明性・健全性・遵法性の確保、迅速かつ適切な情報開示等を実践していきます。

コーポレート・ガバナンスの方針

伊藤園では、「お客様第一主義」を経営理念に掲げ、伊藤園グループ基本綱領の中で、「伊藤園グループは企業の永続的な成長・発展と企業価値を高めるため、国・地域社会・消費者・株主・販売先・仕入先・金融機関等のステークホルダーと協調し、企業の社会的責任を果たすことを経営の根幹」としています。

コーポレート・ガバナンスの概要

独立役員の取締役会・監査役会への貢献

伊藤園は、経営の監督機能の強化を図るため、社外役員の拡充に取り組んできました。社外取締役および社外監査役の選任にあたっては「独立性」を主要条件とし、客観的・中立的な視点に立った監査・監督機能を発揮し、健全なコーポレート・ガバナンスの形成に貢献しています。

株主との対話

伊藤園における株主との対話は、広報部が主管で担当していますが、代表取締役社長、担当取締役等と対応方法を検討し、適切に対応するものとしています。さらに広報部、財務経理部門横断の定期的な会議を開催し、決算等の開示・説明において、各々の専門的見地に基づく意見交換を行い、連携して対応を行い、株主との対話の充実を図っています。
株主に対する適時・適切な情報開示にも努め、決算説明会、当社ホームページによる積極的な情報発信により、当社の経営戦略や事業環境に関する理解を深めていただくようにしています。さらに決算発表後の取締役会においては、株主やアナリストから寄せられた意見を共有し、経営戦略のレビュー等に積極的に活かしています。
また当社では、必要に応じて実質株主調査を実施し、株主構造を把握しています。

IR活動の推進

伊藤園では、管理本部の所管として広報部にIR・株式課を設置し、積極的なIR活動を推進しています。
情報発信・開示については、公平性の観点から、通期および第2四半期決算説明会発表後、連結および単体の決算短信、決算説明会資料(IR資料)を速やかにホームページに掲載し、個人投資家、決算説明会に出席できなかったアナリスト、機関投資家の皆様が閲覧できる環境を整備しています。その他にもコーポレートブック※、事業報告書、月次販売速報、ニュースリリース、有価証券報告書、株主総会招集通知等も掲載し、投資家の理解を深めるさまざまなツールを用意しています。
また、外国人投資家にも配慮し、決算短信、決算説明会資料(IR資料)、一部のニュースリリースおよびコーポレートブックの英語版も作成しています。
※2015年より「伊藤園レポート」に切り替え

リスクマネジメント

伊藤園グループは、コンプライアンス、情報セキュリティ、品質および環境、債権回収、災害および事故などあらゆるリスクに対応するため、社内規程等を策定し、リスク担当部署を設けて対応しています。

CSRマネジメント

伊藤園は、「CSR経営の推進」を経営の柱の一つに据えて活動しています。CSR推進体制として、代表取締役社長を委員長とし、生産・営業・管理部門の責任者で構成されるCSR推進委員会を定期的に開催し、CSR目標(KPI)の検討などを行いました。

CSR大賞

CSR大賞とは、2011年度より社員一人ひとりのCSRへの意識を高め、お客様との信頼関係の強化やCSR活動を通じた社員のモチベーション向上、チーム力強化を目的として、CSR活動の優良事例を表彰する社内表彰です

ESD推進基本方針の策定

「ESD(Education for Sustainable Development):持続可能な開発のための教育」とは、「持続可能な社会を支える担い手づくり」のことで、世界中で推進されています。伊藤園グループでは、ISO26000に基づくCSR推進を強化し、持続可能な社会を支える人材育成や関係者との協働を体系化し発展させるため、「ESD推進基本方針」(2013年5月制定)に基づき推進しています。

ステークホルダーとの対話

伊藤園グループは、CSRを強化していくため、幅広いステークホルダーとの対話を行い、社会と当グループの発展を目指してまいります。

情報開示(ディスクロージャー)

伊藤園グループは、会社の経営や活動の状況を広くステークホルダーに開示していくことが重要な責任の一つと考え、積極的な情報開示により経営の健全性・透明性を常に高めるよう努めています。