トップメッセージ

トップメッセージ(※伊藤園統合レポート2017より抜粋)

持続可能性新時代-ESGとSDGs-

 変化の激しい時代を乗り切るためには、社会対応力の強化が必要です。当社グループは、2011年度にいち早く国際規格であるISO26000 ※1を活用して、これまでの慈善活動的な(フィランソロピー)CSRではなく、CSR ※2を幅広い「社会対応力」ととらえなおし、本業を通じたCSRに切り替えています。この国際規格での7つの中核主題 ※3で本業を通じたCSRの整理を行い、社内外で活動の「見える化」が進んでいます。
 これに加え、当社グループの強みと社会課題とのマッチングを関係者との対話などを通じて抽出して経営上の重要課題(マテリアリティ)として選定しました。強みを活かせる、環境、消費者、コミュニティ課題の3分野に経営資源を重点配分し、社会課題解決と経済価値の同時実現に向けて、事業を通じた共有価値の創造(CSV)※4を実践しています。このように、本業を通じたCSRとCSVを併用するCSR/CSV経営を推進している中で、現在加速化しているESG投資では、環境・社会でのチャンスとリスク回避の両面を見ますので、当社のESG関連要素を全面的に見直しました。
 「世界のティーカンパニー」を目指すうえでESG対応にあたっては国際的な動きも踏まえます。国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」 ※5は、持続可能性(サステナビリティ)の共通言語であり、ESG対応にあたり参照します。リスクマネジメントの強化に役立てるほか、当社グループの強みが発揮できる「持続可能な消費と生産」「持続可能な農業」「持続可能なまちづくり」「環境課題」「健康」「教育」などの目標をチャンス面で活用していきます。
 これを当社の代表的な事業を例に当てはめてみると、茶産地育成事業では、環境保全型農業・地域の雇用創出・地域活性化につながり、地域の生産者の経営が安定する一方で、当社も高品質な茶葉を安定的に調達できます。この活動はISO26000でいうコミュニティ課題におけるCSV活動です。ESGのEはもちろん、Sの地域社会活性化や雇用創出にもつながり企業価値を高めます。SDGsとの関連では「持続可能な消費と生産」「持続可能な農業」や「持続可能なまちづくり」の目標に寄与するものと理解しています。
 このようにCSR/CSV/SDGs/ESGは相互に関連し、共通項は持続可能性を目指す点です。
 これらの活動にあたっては、社員が持続可能性について学ぶ工夫を加え、人材育成にも力を入れています(ESD ※6:SDGsでも「教育」の目標に位置付けられました)。

株式会社伊藤園 代表取締役社長 本庄大介

※1 ISO26000:2010年11月に国際標準化機構( ISO:International Organization for Standardization)によって発行された「社会的責任の手引」
※2 CSR(Corporate Social Responsibility):ResponsibilityをResponse + ability(反応する+能力)ととらえ、むしろ幅広く社会対応力と理解
※3 7つの中核主題:組織統治、人権、労働慣行、環境、公正な事業慣行、消費者課題、コミュニティへの参画及びコミュニティの発展の7つ
※4 CSV(Creating Shared Value):共有価値の創造
※5 SDGs(Sustainable Development Goals):持続可能性(サステナビリティ)の新たな世界標準。2015年9月の国連で採択された「持続可能な開発のための 2030アジェンダ」で掲げられた世界全体の経済・社会・環境のあり方についての17目標、169ターゲットからなる。2016年から2030年までの国際社会の持続可能性に 関する羅針盤として設定
※6 ESD(Education for Sustainable Development):持続可能な開発のための教育